金 2,558円 (+102)

プラチナ 2,858円 (+99)

[1/16]外為市場で米政府がバンク・オブ・アメリカへ200憶ドルの公的資金注入を柱とした支援策を打ち出したことから、金融不安が和らいで前日までのユーロ安ドル高が一転、ドルが対ユーロで軟調に推移したことからファンド筋の買いや連休を控えたポジション調整の買いで金は上昇しました。安全な資産として世界的に現物での需要が高まっているとの見方も買いを誘いました。