金 4,178円 (-56)

プラチナ 3,794円 (-62)

[6/26]NY貴金属市場の金は下落。米経済指標の悪化や欧州債務問題を受けたデフレ懸念やリスク回避の買いが先行した前日の流れに対する反動から、利益確定の売りで軟調に推移した。ドイツのメルケル首相がこの日ユーロ共同債の導入について改めて否定的な姿勢を表明し、外為市場でドルが対ユーロで上昇。このため市場では週末の欧州連合(EY)首脳会議に対する失望感が強まり金も売られた。