金 2,456円 (+33)

プラチナ 2,759円 (+17)

[1/15]欧州中央銀行(ECB)は主要政策金利0.5%引き下げ過去最低の2.0%とすることを決定。景気の先行きが不透明なことから追加利下げ観測が強く、対ドルでのユーロ安を眺めて金の売りが先行し金は下落。原油安も金売りに繋がりました。