金 4,241円 (+151)

プラチナ 3,789円 (+100)

[6/1]朝方は欧州問題に対する根強い懸念を背景にドル高・ユーロ安が進み、これを眺めて金も売り込まれた。しかし、市場の注目を集めていた米雇用統計の内容が非常に悪かった事で、市場では急激なリスク回避が進み、金は資金の逃避先としての買い注文で急反発した。その後やや落ち着きを取り戻すと、今度は外為市場で為替がドル安・ユーロ高に反転し、この影響を受けて金はさらに買い進まれて1600ドル台に乗せるとともに5月8日以来の高値を付ける形となった。市場では「混乱の中で資金の逃避先として買われた今回の流れは、金が今後さらに値を上げる展開になるだろう」との声も聞かれた。