金 4,235円 (+3)

プラチナ 3,917円 (+39)

[5/21]金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調などを受けて上値を伸ばす。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調などを受けて上値を伸ばす。【朝方は外為市場でのユーロ高ドル安を背景に一時1トロイオンス=1600ドル目前まで上昇。その後は同1600ドルの節目を抜け切れなかったことによるテクニカル的な売りや、NYダウの上昇による投資家心理の改善などを材料に買われるなど売り買いが交錯し、前週末の終値を挟んでのもみ合い商状に終盤小幅安で引けた。市場関係者は「先週末のサミットで金融危機に取り組む姿勢がアピールされたものの、ギリシャ問題等を含め依然として市場には警戒感が根強く残っている」と話していた。】