金 2,445円 (-16)

プラチナ 2,772円 (-11)

[1/13]朝方は原油価格の上昇を眺めて上伸しましたが、これといった材料がなく売り買いが交錯する中、終盤に外為市場でドル高を眺めて売りが優勢になり金は小幅安で引けました。プラチナは米株式市場の軟調で米自動車株も低迷、これを眺めて売りが膨らみ下落しました。