金 4,455円 (-24)

プラチナ 4,381円 (-39)

[4/6]金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は円高一服に支援される場面も見られたが、買い一巡後は上げ一服となり、もみ合いに転じる。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は円高一服を受けて上値を伸ばしたが、買い一巡後は上げ一服となり、もみ合いに転じる。【週末NY貴金属市場及びロンドン市場はイースター(聖金曜日)のため休場でした。週末6日NY外為市場では、休日で薄商いのなかドルが下落。4月9日午前8時30現在のシドニー市場では、金1642.40ドル・ドル/円81円43銭で推移してます。】