金 4,738円 (+65)

プラチナ 4,612円 (+104)

[2/22]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場が上げ一服となったが、円安に支援されて上値を伸ばす。プラチナはニューヨーク高を引き継いで買い優勢で始まる。その後は円安などを背景に堅調となる。【ギリシャのデフォルトが取り敢えず回避された事で、ここ最近で一番の材料が無くなり、市場には材料出尽くし感が広がって動意薄の展開が続く。しかし、テクニカル的な買いや白金の上昇に刺激され上昇して引けた。】