金 4,211円 (+5)

プラチナ 3,819円 (-31)

[1/12]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場のもみ合いなどを受けて小動きとなる。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は株安に上値を抑えられる場面も見られたが、ドル建て現物相場の上昇などを受けて堅調となる。【外為市場でドル高・ユーロ安が一服したことや、注目されていたスペイン国債やイタリア国債の入札が順調に終了した事で、投資家心理が改善し、ファンド筋の買い物が先行する展開となる。一時1トロイオンス=1660ドル台まで上昇し、約1ヶ月ぶりの高値圏に浮上する。また、インドや中国の実需の伸びを期待する向きにも支援される。】