金 4,568円 (-34)

プラチナ 4,231円 (-28)

[11/14]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はユーロ高一服などに上値を抑えられてもみ合いに。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。ドル建て現物相場の上昇に支援されて上値を伸ばしたが、その後は上げ一服となる。【前週末の流れを引き継いで堅調に推移。一時1800ドル付近まで上昇したが、節目の1800ドルには届かず値を下げる。その後は欧州財務懸念を背景に市場の投資意欲が後退した事や、外為市場でドル高・ユーロ安を眺めての売りに小幅下落して引けた。】