金 4,187円 (-15)

プラチナ 4,615円 (-18)

[7/29]金はドル建て現物相場の上昇を受けて小幅高で始まる。その後は米債務問題の行方待ちでもみ合いとなったが、円高やドル建て現物相場の上げ一服を受けてマイナスサイドに転じる。第2四半期の米国内総生産(GDP)速報値が予想を下回ったことで、外為市場でドルが対ユーロで軟調に推移。これを受けて一時1トロイオンス=1634ドル90セントと史上最高値を更新した。プラチナはまちまちで始まったのち、円高やドル建て現物相場の下落を受けてマイナスサイドに転じる。