金 4,128円 (-5)

プラチナ 4,782円 (-66)

[6/6]金はニューヨーク高を受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調を受けて上値を伸ばす。プラチナは円高に上値を抑えられてまちまちで始まる。その後はドル建て現物相場の堅調に支援されてプラスサイドに転じる。市場関係者は「イエメン情勢が緊迫しているが、サレハ大統領負傷の報を受けて地政学的リスクも高まっているため、安全への逃避で金塊需要は高まっている」と指摘している。