金 4,148円 (+4)

プラチナ 4,814円 (0)

[5/30]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の小幅安などを受けて上げ幅を縮小する。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は円高やドル建て現物相場の上げ一服を受けて上げ幅を縮小したが、底堅い株価などが下支え要因となった。週明けのNY市場はメモリアルデーのため休場でした。