金 4,071円 (0)

プラチナ 4,751円 (-30)

[5/12]金はニューヨーク安を受けて買い優勢で始まる。その後は円安などを受けて下げ幅を縮小後、もみ合いとなった。プラチナはニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後は円高一服を受けて下げ幅を縮小するも、株安などを背景にドル建て現物相場が下落したことを受けて地合いを緩める。国際通貨基金(IMF)が欧州経済見通しのなかで「欧州中央銀行(ECB)は利上げを控えるべき」と発表。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の議会証言で金融引き締めについての発言はなかった。