国内公表(買取価格1gあたり)
金 8,399円 (+99)
プラチナ 4,336円 (+60)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,670.00ドル (+33.80)
NYプラチナ 860.80ドル (+21.10)

海外金市況コメント

9/28、ニューヨーク市場の金相場は大幅続伸。始値1,636.50ドル、高値1,671.60、安値1,622.20ドル、終値1,670.00ドル、前日比+33.80(+2.07%)。英イングランド銀行(中央銀行)は28日、金融市場の安定化を図るため、長期国債の一時買い入れを発表。声明で「市場の機能不全を防ぐ」と説明し、「市場の回復に必要な規模まで」と上限を示さなかった。債券市場で米長期金利が低下し、利息が付かない資産である金は買い優勢となった。また、英金融市場の先行き懸念が弱まり、外国為替市場で対ユーロでドル安が進行。金はドル建て価格に割安感が生じた。9月29日9時30分現在、海外金は1,650ドル台で推移しています。