金 4,132円 (+8)

プラチナ 4,922円 (+65)

[4/20]金はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は円安にも支援されて堅調となる。安全資産として注目が集まるが、終盤に利益確定の売りに押されて上げ幅を縮小する。プラチナはニューヨーク安となるも、円安、株高を背景に買い先行に。その後は円が小幅続落したことや、ドル建て現物相場が上昇したことから上げ幅を拡大する。