国内公表(買取価格1gあたり)
金 8,521円 (+41)
プラチナ 4,377円 (-28)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,812.30ドル (+7.10)
NYプラチナ 933.00ドル (-5.40)

海外金市況コメント

8/9、ニューヨーク市場の金相場は続伸。始値1,805.50ドル、高値1,817.00、安値1,799.40ドル、終値1,812.30ドル、前日比+7.10(+0.39%)。外国為替市場で対ユーロでドル安に振れたことで、金はドル建て価格に割安感が生じた。一方、米労働省より発表された労働生産性が市場予想を上回り、インフレの高止まりを示す内容だったことで、債券市場では米長期金利が上昇。利息を生まない資産である金は上値を抑えられた。8月10日9時30分現在、海外金は1,790ドル台で推移しています。