金 4,153円 (+32)

プラチナ 5,085円 (+33)

[4/6]金はニューヨーク高と円安を受けて買い優勢で始まる。その後は円安などを受けて上値を伸ばす。プラチナは円安、ニューヨーク高、ドル建て現物相場の上昇、強気のテクニカル要因から買い先行に。連日の大幅高。中東・北アフリカ情勢の緊迫化を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まっている。