国内公表(買取価格1gあたり)
金 8,675円 (+16)
プラチナ 4,311円 (-6)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,830.30ドル (+0.50)
NYプラチナ 903.30ドル (-0.40)

海外金市況コメント

6/24、ニューヨーク市場の金相場は小幅反発。始値1,824.20ドル、高値1,833.70、安値1,817.70ドル、終値1,830.30ドル、前日比+0.50(+0.03%)。債券市場で米長期金利、株式市場で主要株価指数が上昇したことで、金は安全資産としての需要低下から売り優勢となった。しかし、外国為替市場で対ドルでユーロが反発したことで、金はドル建て価格の割安感から買いが入り、下げ幅を縮小しプラス圏に転じた。6月27日9時30分現在、NY金は1,820ドル台で推移しています。