国内公表(買取価格1gあたり)
金 8,778円 (+18)
プラチナ 4,410円 (-44)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,838.40ドル (-0.40)
NYプラチナ 926.10ドル (-13.30)

海外金市況コメント

6/22、ニューヨーク市場の金相場は続落。始値1,834.90ドル、高値1,850.30、安値1,824.50ドル、終値1,838.40ドル、前日比-0.40(-0.02%)。FRBパウエル議長が議会証言で、金融引き締めに対し前向きな姿勢を示し、米の景気後退懸念が強まった。債券市場で米長期金利が低下し、外国為替市場では対ユーロでドル安が進行。金は強材料が台頭したが、上値は重かった模様。6月23日9時30分現在、NY金は1,830ドル台で推移しています。