金 3,787円 (-111)

プラチナ 4,587円 (-173)

[3/15]金はニューヨーク高となるも、円高を受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の軟調を受けて下げ幅を拡大し、株価一段安も圧迫要因になって下落する。プラチナはニューヨーク安、現物相場の下落、株安、円高から大幅安に。市場では株式や他の金融商品の損失を穴埋めする為に金を売り換金する動きが強まる。