金 3,898円 (-18)

プラチナ 4,767円 (-95)

[3/11]金はドル建て現物相場の上げ一服や円高を受けて小幅安になるも、原油高に支援されて地合いを引き締める。プラチナはニューヨーク小幅安、現物相場の軟化、株安を背景に売り先行に。その後は下げ幅を縮小する。