金 3,916円 (-35)

プラチナ 4,862円 (-73)

[3/10]金はドル建て現物相場の上げ一服や円高を受けて小幅安になるも、原油高に支援されて地合いを引き締める。プラチナはニューヨーク小幅安、現物相場の軟化、株安を背景に売り先行に。その後は下げ幅を縮小する。中国の貿易収支が輸出・輸入ともに予想を下回る結果となったことで景気減速懸念が台頭。サウジアラビアで警官が反体制派に発砲したとの報告も相場に影響を与える。