金 3,909円 (+47)

プラチナ 5,096円 (+22)

[2/21]週明けの貴金属・為替・株式市場等はプレジデンツデーのため休場。金はニューヨーク高を引き継いで買い優勢で始まる。その後はリビア情勢に対する懸念が強まったことなどを受けて上値を伸ばす。プラチナはニューヨ-ク小幅高、円小幅高もドル建て現物相場の上昇、貴金属高から買い先行に。その後は上げ幅を縮小するも、引けにかけて堅調に推移する。