金 3,850円 (+13)

プラチナ 5,092円 (+26)

[2/17]金はニューヨーク高と円小幅高を受けてまちまちで始まる。その後はドル建て現物相場の堅調などを背景にプラスサイドに転じる。ワールド・ゴールド・カウンシル(WGO)が発表した「世界の金需給」リポートにおいて、2010年の金需要は3812.2トンと過去10年で最高の水準を記録。2011年もインフレヘッジや投資需要が見込まれるとした予測も上昇要因に。プラチナはニューヨ-ク小幅高、ドル建て現物相場しっかり、株高から買い先行に。その後は小幅安となり、戻り鈍く小安く引けた。