国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,370円 (+79)
プラチナ 3,924円 (+83)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,818.50ドル (+19.70)
NYプラチナ 973.20ドル (+39.60)

海外金市況コメント

1/11、ニューヨーク市場の金相場は大幅続伸。終値は19.70ドル高い1,818.50ドル(+1.10%)。FRBパウエル議長の証言がタカ派的ではなかったことから、市場では利上げ前倒し観測への警戒感が弱まり米株式相場が上昇。これらを受けて債券市場では米長期金利が低下し、外国為替市場ではユーロ高・ドル安が進行したことで、金は買い優勢となり一時1,823ドルの高値を付けた。また、市場は翌日発表される米消費者物価指数(CPI)に注視している。1月12日9時30分現在、NY金は1,820ドル台で推移しています。