国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,291円 (+11)
プラチナ 3,841円 (-73)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,798.80ドル (+1.40)
NYプラチナ 933.60ドル (-22.90)

海外金市況コメント

1/10、ニューヨーク市場の金相場は小幅続伸。終値は1.40ドル高い1,798.80ドル(+0.08%)。金は買い優勢で始まり、一時1,802ドルの高値を付ける。その後は売り傾向となり1,789ドルまで値を下げたが、米株価が下落したことで下げ渋る。米長期金利の上昇やドル高・ユーロ安で弱材料の多い中、インフレヘッジや安全資産としての買いが上回りプラス圏で取引を終えた。1月11日9時30分現在、NY金は1,800ドル台で推移しています。