国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,362円 (-26)
プラチナ 3,968円 (+34)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,825.10ドル (+10.50)
NYプラチナ 1,001.90ドル (+30.70)

海外金市況コメント

1/5、ニューヨーク市場の金相場は続伸。終値は10.50ドル高い1,825.10ドル(+0.58%)。序盤の金は買い傾向になり、一時1,830ドルの高値を付ける。しかし、FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨で、早期の利上げや保有資産全体の縮小が必要になる可能性を示したことで、一時1,808ドルまで下落。ただ、その後は下げ幅を消しプラス圏に転じて取引を終えた。1月6日9時30分現在、NY金は1,810ドル台で推移しています。