金 3,756円 (+41)

プラチナ 5,077円 (+69)

[2/8]金はドル建て現物相場の上昇を受けて買い優勢で始まる。その後は材料難となって様子見ムードが広がりもみ合いに。プラチナはドル建て現物相場が堅調に推移したことや、強気のテクニカル要因、株高からしっかり。その後も堅調に推移する。中国人民銀行が1年物的預金金利と貸出基準金利を0.25%引き上げると発表。インフレ懸念の強まりから、インフレヘッジとしての金の魅力が高まる。