国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,082円 (+46)
プラチナ 3,732円 (+15)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,783.90ドル (+21.20)
NYプラチナ 926.20ドル (-6.90)

海外金市況コメント

12/3、ニューヨーク市場の金相場は反発。終値は21.20ドル高い1,783.90ドル(+1.20%)。この日発表された米雇用統計(非農業部門)は21万人増と市場予想の57万人を下回った。また、米長期金利が低下し、外国為替市場でユーロ高・ドル安が進行。金は利息を生まない資産であることや、ドル建て価格の割安感から買い優勢となり、大幅に反発して引けた。12月6日9時30分現在、NY金は1,780ドル台で推移しています。