国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,269円 (+14)
プラチナ 3,996円 (+17)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,786.90ドル (+0.60)
NYプラチナ 975.30ドル (+11.10)

海外金市況コメント

11/24、ニューヨーク市場の金相場は小幅反発。終値は0.60ドル高い1,786.90ドル(+0.03%)。米長期金利の上昇を受けて、外国為替市場でユーロ安・ドル高が進行。金は割高感から売り優勢となり、一時1,780ドルの安値を付ける。その後は米長期金利の上昇が一服したことで買い戻され、プラス圏に転じて取引を終えた。また、翌日の米感謝祭を控えて値動きは限定的だった模様。11月25日9時30分現在、NY金は1,790ドル台で推移しています。