国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,255円 (-136)
プラチナ 3,979円 (-121)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,786.30ドル (-22.80)
NYプラチナ 964.20ドル (-50.90)

海外金市況コメント

11/23、ニューヨーク市場の金相場は4日続落。終値は22.80ドル安い1,786.30ドル(-1.26%)。FRBパウエル議長の再任を受けて、市場では早期の利上げ観測が強まっていることで、債券市場で米長期金利が上昇。利息が付かない資産である金の魅力は低下し売り優勢となった。11月24日9時30分現在、NY金は1,790ドル台で推移しています。