国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,391円 (休場)
プラチナ 4,100円 (休場)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,809.10ドル (-45.20)
NYプラチナ 1,015.10ドル (-20.90)

海外金市況コメント

11/22、ニューヨーク市場の金相場は大幅続落。終値は45.20ドル安い1,809.10ドル(-2.44%)。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の再任を受けて、米長期金利が上昇し、外国為替市場では主要通貨に対してドル高が進行。また、米株価も上昇したことで、金は安全資産としての魅力低下から売り優勢となった。11月23日9時30分現在、NY金は1,800ドル台で推移しています。