国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,458円 (-25)
プラチナ 4,210円 (-6)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,864.00ドル (-8.80)
NYプラチナ 1,056.40ドル (-12.70)

海外金市況コメント

11/18、ニューヨーク市場の金相場は反落。終値は8.80ドル安い1,864.00ドル(-0.47%)。米新規失業保険申請件数は7週連続で減少。外国為替市場では対ユーロでドル安が進行したことで、金はドル価格の割安感から買い優勢となり、一時1,875ドルの高値を付ける。しかし、その後はドル安が一服したことや、利益確定の売りでマイナス圏に転じた。11月19日9時30分現在、NY金は1,860ドル台で推移しています。