国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,816円 (+38)
プラチナ 3,806円 (+24)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,751.70ドル (+1.90)
NYプラチナ 976.30ドル (-19.10)

海外金市況コメント

9/24、ニューヨーク市場の金相場は小幅反発。中国の不動産大手・恒大集団が一部の社債利払いを滞らせたことで、市場ではデフォルト(債務不履行)懸念が高まり、安全資産として金が買われた。しかし、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融緩和の縮小を示唆したことで米長期金利が上昇し、外国為替市場でユーロ売り・ドル買いが進行。金は上げ幅を縮小しプラス圏で取引を終えた。9月27日9時30分現在、NY金は1,752ドル付近で推移しています。