国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,778円 (-28)
プラチナ 3,782円 (+145)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,749.80ドル (-29.00)
NYプラチナ 995.40ドル (-5.70)

海外金市況コメント

9/23、ニューヨーク市場の金相場は反落。前日のFOMC(米連邦公開市場委員会)でゼロ金利解除の前倒しや、量的緩和の縮小を年内に開始すると示唆したことで、債券市場で米長期金利が上昇。金にとって弱材料が台頭したことで売り優勢となり、一時1,737ドルの安値を付けた。9月24日10時現在、NY金は1,747ドル付近で推移しています。