国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,787円 (+23)
プラチナ 3,536円 (-78)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,763.80ドル (+12.40)
NYプラチナ 899.20ドル (-31.40)

海外金市況コメント

9/20、ニューヨーク市場の金相場は4日ぶり反発。中国の不動産大手・恒大集団が巨額の負債を抱え、経営破綻への懸念が強まっていることで、債券市場で米長期金利が低下。リスク回避として安全資産である金は買い優勢となりプラス圏で取引を終えた。9月21日10時現在、NY金は1,763ドル付近で推移しています。