金 3,845円 (-37)

プラチナ 4,700円 (-30)

[12/16]金は円安を受けて小幅高で始まる。その後はドル建て現物相場が横ばいで推移し、円安が一服したことからマイナスサイドに転じ、再び円安に振れて小幅高で引けた。プラチナはニューヨーク反落も円安、ドル建て現物相場の底堅さから買い先行に。小幅安となるも、終盤に2ケタ高で推移する。