国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,048円 (+9)
プラチナ 4,385円 (+25)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,829.00ドル (+4.00)
NYプラチナ 1,137.70ドル (+9.60)

海外金市況コメント

7/15、ニューヨーク市場の金相場は3日続伸。前日にFRBパウエル議長が下院証言で金融緩和縮小には「程遠い」と発言。早期縮小への緊張が和らいだことから、この日も金は安全資産として買い優勢となった。その後は外国為替市場で対ユーロでドル高が進行。金に割高感が生じたことから上げ幅を縮小しプラス圏で取引を終えた。7月16日10時現在、NY金は1,831ドル付近で推移しています。