金 3,891円 (+16)

プラチナ 4,697円 (+45)

[12/13]金はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調や円安を受けてプラスサイドに転じる。プラチナはニューヨーク小幅安から売り優勢に。売りが一巡した後は持ち直してしっかり。終盤は円安や株高に支援されて上げ幅を拡大する。