国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,335円 (+47)
プラチナ 4,582円 (+9)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,909.90ドル (+4.90)
NYプラチナ 1,192.70ドル (-7.00)

海外金市況コメント

6/2、ニューヨーク市場の金相場は小幅反発。米長期金利(10年物国債利回り)の上昇が一服したことで、金利が付かない資産である金は買われ一時1,911ドル付近まで上昇。その後は金利が下げ渋ったことからもみ合いとなり上げ幅を縮小して引けた。また、市場では雇用関連の統計を控えて様子見ムードが広がっている。6月3日10時現在、NY金は1,909ドル付近で推移しています。