国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,288円 (-15)
プラチナ 4,573円 (+25)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,905.00ドル (-0.30)
NYプラチナ 1,199.70ドル (+17.30)

海外金市況コメント

6/1、ニューヨーク市場の金相場は小幅反落。序盤は買い優勢で始まり、一時1,919ドルの高値を付けた。その後は景況感を集計した米購買担当者景気指数(PMI)が市場予想を上回る中、米長期金利が1.6%台まで上昇。金利が付かない資産である金にとって利回りの上昇は弱材料になるため、上げ幅を削られマイナス圏で引けた。6月2日10時現在、NY金は1,898ドル付近で推移しています。