国内公表(買取価格1gあたり)
金 7,299円 (+53)
プラチナ 4,538円 (-13)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,898.50ドル (-5.30)
NYプラチナ 1,179.10ドル (-21.10)

海外金市況コメント

5/27、ニューヨーク市場の金相場は小幅反落。本日発表された米新規失業保険申請件数が市場予想より減少したことで、経済回復への期待感が高まり米長期金利(10年物国債利回り)が1.6%台まで上昇。金利が付かない資産である金にとって利回りの上昇は弱材料になるため売り優勢となり反落した。ただ、その後は買い戻しも見られ上げ幅を縮小し、高水準を維持して引けた。5月28日10時現在、NY金は1,897ドル付近で推移しています。