国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,756円 (休場)
プラチナ 4,630円 (休場)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,773.90ドル (-4.90)
NYプラチナ 1,212.20ドル (-37.30)

海外金市況コメント

4/28、ニューヨーク市場の金相場は小幅下落。米連邦準備制度理事会(FRB)は28日に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、ゼロ金利や量的緩和を含む金融政策の維持を決定。景気の回復については不完全で程遠いとの見解を示した。予想通りの内容で市場の反応は限定的だった。そんな中、米長期金利が再び上昇。金利の上昇は金にとって弱材料となるため小幅下落して引けた。4月29日10時現在、NY金は1,784ドル付近で推移しています。