金 3,840円 (+11)

プラチナ 4,595円 (+8)

[11/25]金は円安を受けて買い優勢で始まる。その後は円安一服やドル建て現物相場の軟調を受けて下落するも、ドル建て現物相場が値を戻したことから小幅高に。プラチナはドル建て現物相場の下落から小安くなるも、下値は堅く徐々に買い優勢に。終盤に上げ幅縮小もおおむね小幅高で引けた。