国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,776円 (+55)
プラチナ 4,589円 (+96)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,793.10ドル (+14.70)
NYプラチナ 1,214.70ドル (+18.40)

海外金市況コメント

4/21、ニューヨーク市場の金相場は続伸。金にとって重しとなっていた米長期金利(10年物国債利回り)が1.5%台で安定していることから、安全資産として金を買う動きが優勢となった。市場関係者の間では長期金利は落ち着きを取り戻したという見方が強まっている。また、世界的に新型コロナウィルスの感染者が増加し警戒感が高まっていることも金買いを後押しした。4月22日10時現在、NY金は1,793ドル付近で推移しています。