国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,716円 (+30)
プラチナ 4,677円 (-6)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,758.20ドル (+16.60)
NYプラチナ 1,235.40ドル (+3.50)

海外金市況コメント

4/8、ニューヨーク市場の金相場は反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)が発表した議事要旨を受けて、市場では金融緩和が長期化するとの観測から、金利を生まない金にとって強材料となった。一方、外国為替市場では米長期金利低下により、対ユーロでドル安が進行したことで割安感が強まり買いを後押しした。4月9日10時現在、NY金は1,756ドル付近で推移しています。