国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,686円 (-16)
プラチナ 4,683円 (-51)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,741.60ドル (-1.40)
NYプラチナ 1,231.90ドル (-8.60)

海外金市況コメント

4/7、ニューヨーク市場の金相場は5日ぶり反落。米労働省が6日に発表した雇用動態調査(JOLTS)で、求人件数が約2年ぶりに高水準となったことから、市場では経済の先行きを楽観する見方が強まり、安全資産としての金需要の低下から売りが先行した。その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を控えてポジション調整の売買で下げ幅を縮小して引けた。4月8日10時現在、NY金は1,736ドル付近で推移しています。