金 3,793円 (+60)

プラチナ 4,620円 (+92)

[11/18]金はニューヨーク安と円高を受けて売り優勢で始まる。その後は株高、ユーロ高などを背景に、ドル建て現物相場が堅調に推移したことを受けてプラスサイドに転じる。プラチナはニューヨーク小幅安も現物相場の上昇、株高を背景に買い先行に。その後は日経平均株価が一段高となったことを受けて上げ幅を拡大する。