国内公表(買取価格1gあたり)
金 6,688円 (+72)
プラチナ 4,628円 (-132)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,805.90ドル (-2.50)
NYプラチナ 1,239.70ドル (-42.60)

海外金市況コメント

2/23、ニューヨーク市場の金相場は反落。金相場は約1週間ぶりに節目である1,800ドルまで回復したが、この日はテクニカル要因から利益確定の売りが先行。また、外国為替市場でドル高が進行したことも売りへの圧力となった。一方、FRBパウエル議長が景気回復について「目標には程遠い」と述べた上で、大規模な金融緩和の維持を強調したが、市場の反応は限定的だった。2月24日10時現在、1,809ドル付近で推移しています。